ハウスインフォ・スタッフブログ

『リビング階段』

time 2015/10/28

家づくりで、リビング階段と要望される方が沢山いらっしゃいます。
子育て世帯であれば、子供がリビングで顔を合わせて出入りするように、家族のコミュニケーションの事を考えると有効な手段の一つです。
ただし、リビング階段を採用する際に気をつけたい事もあります。
階段が家族の動線の起点となるので、客間を持たない家の場合は来客時にどうしても動線がクロスしがちです。
子供が大きくなった時や、夜に来客が多い場合は少し不便を感じるかもしれません。
もうひとつ空調の問題です。
リビング階段にすると暖房が利きにくくなります。これは住み心地にかかわるので最初から考えておく必要があります。

以前にリビング階段はしたくないけど子供が勝手に自室に行ってしまうのは避けたい。という要望がありました。
こんな要望にも設計を担当した建築家は上手く対応してくれました。

★写真は物件番号313 北条口の家
リビング階段ではなく、キッチン前に階段を設置した例です。 この建物の敷地は4m×20mという細長い敷地を上手く活かした住宅です。
設計 高木建築事務所
プロデュース ハウスインフォ

31209

Fukunaga・column

アーカイブ