ハウスインフォ・スタッフブログ

マンションの床はフニャフニャ(*´Д`)

time 2018/09/27

マンションリフォームでいつも悩むのが床の仕様です。
マンションで利用されるフローリング材は、下階への音の問題でクッションが付いたものを利用するのが一般的です。
しかし、クッションが付いているので踏んだ感じが何となくフニャフニャして、どうしても私は好きになれません。

リビングからキッチンを望む
(収納を適材適所に配置する)

この写真の住宅もマンションリフォームでしたが、その床のフニャフニャを解消すべく取り組んだのが、
床三重貼りです。
まず下地にマンションのリフォーム基準を満たすフローリングを貼り、
その上に石膏ボードを貼ります。(これは一般住宅でも2階からの音の軽減の時に採用することがあります。)
そして表面材に栗の無垢フローリング。
なんと贅沢な仕様でしょう!

しかし、材料代としての価格を計算してみると。
下地フローリング6500円/坪(在庫処分品)+石膏ボード800円/坪+栗の無垢フローリング13000円/坪(特価品)
合計20300円/坪
もちろん手間は余分に掛かっていますが、この価格はちょっと高級な床材と同等の単価なので許容範囲内ではないでしょうか。

問題は仕上がりです。
歩いてみると、
フニャフニャ感はほとんど感じられません。
その上、無垢材の質感と相まってとてもいい感じです。

床は毎日触れる家の中でも最も素材感を大事にしたい仕上げです。
マンションのフルリフォームをお考えの方は一度検討してみるのもいいかもしれません。

対面キッチン風に収納を製作

リビングに家族用のウォークインホーム

設計 中村建築研究室

Fukunaga・column

Staff blog

アーカイブ