ハウスインフォ・スタッフブログ

『空間を彩るのは?』

time 2016/01/24

建築家と家づくりをしていると、あえて空間に色を付けない事があります。
木、紙、石、タイルなど素材感を感じるもの以外、壁紙を使う場合は出来るだけ無地の白に近い色を選びます。
それは何故?
家づくりで空間が出来あがるのは、
空間に色の付いた家具が入り、
様々な色の服を着た人が住み、
観葉植物で緑が入った時です。
そして、その色は時と共にライフスタイルの変化で変わってきます。
その為に空間はどんな色にも対応する「キャンバス」と考え色を付けません。

ただし、センスに自信がある場合はあえて色を使うという選択肢もあります。

★物件番号163 sankaku
シンプルに造られた空間に赤いエッグチェアと絵本が空間に彩りを演出しています。
設計 ㈱庄司圭介アトリエ
プロデュース ハウスインフォ

16307

Fukunaga・column

Staff blog

アーカイブ